ようこそ TOKYO B Community へ ログイン | 登録 | ヘルプ

11月 2013 - 投稿

サーバー更新とテスト

サーバーのリソース確保のため構成を大きく変更しました。 武器単位でパッケージを統合化(武器の7割程度を更新) ※一部不可あり PP19、KRISSSV 回復 M1928 は削除 スキン統合化 パッケージ数を削減しスキン復帰&追加テスト M202A1追加 広範囲をカバーする4発火炎ランチャー ALT で全装填弾発射 仕様変更 大型への着火廃止 着火禁止体への直接ダメージ増(バランス調整のため) M202A2 追加 4発ロケットランチャー 仕様変更 威力下方修正 バースト射撃から同時発射に変更 Specimen
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:8
タグ : ,

進捗状況

Class はパッケージ統合して来ましたが、リソースが破綻してしまいましたので、 テクスチャやアニメーションも統合化し試作中です。 効果は認められますので、おおよそ巻き戻しはできそうな感じです。 でかいスキンファイル作ればスキンもいけるんですかね? 海外はそうやって稼いでいるんでしょうか??? とりあえず Russian 系と同じく武器単位で統合をかけていますが 一部は複数を1パッケージにしているものもあります。 ほんとうは追加コンテンツを造っていかなければいけないのですが ここ1年くらいはバグパッチにほとんど時間を奪われてしまっています
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:2
タグ : ,

若干バグ修正とUMP45仕様変更

ALT switch の動作不良を修正 UMP45 の slot を 3 に変更 FireBug リロードボーナス追加 カクつくので Specimen 系のロード処理を以前に戻すかも Package 処理も再度変更するかも
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ : ,

稼働状況

UMP45 V2 へ更新(FireBug or Com) KRISSSV 削除 M44 削除 P90 削除 PP19 削除 DLC のゲロ武器とDemo武器を追加 DLC ロックはプログラム側で処理を消してあるため制限はありません。 本当は要らない公式武器消したいのですがね。 プログラムを別パッケージにして切り離して欲しいです。 メモリが空くような構成にして欲しいです。 とりあえず、マップを戻したが動作するかは不明 DLC の度にメモリが削られており、もう限界に思えます。 WorkShop 導入時のバグが放置されたままなので、修正されない限り
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:2
タグ : ,