ようこそ TOKYO B Community へ ログイン | 登録 | ヘルプ

8月 2012 - 投稿

Killing Floor ServerPerks V6.0(ZMT的火虫)

ZMT的火虫 もう少し突っ込んでアイテムを作ってみました。 Herbs Flaregun ZMT的照明弾ですが攻撃はできません。 照明役が主体ですが、実際には微弱Healも可能です。 近距離のプレイヤーが回復します。 FT の攻撃範囲に連動して、回復スピードが上昇します。 (1人)1~3 HP / sec スポット範囲に敵を補足していると、FT ダメージとしてボーナス加算されます。 (1体)3~9 dmg / sec Flaregun との差別化のため、色は黄色にしてあります。 V2 ベースで作成してあります。
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:10
タグ : ,

Killing Floor ServerPerks V6.0(あれ)

なぞ dokuo1~dokuo10 gikog1~gikog10 minna1~minna10 okotowari1~okotowari10 uwan1~uwan10
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:13
タグ : ,

Killing Floor ServerPerks V6.0(スキンやっぱりだめ)

スキンやっぱりだめでした。 情報求む!
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:27
タグ : ,

Killing Floor ServerPerks V6.0

ServerPerks V6.0 が公開されたため、差分を取り込みました。 明示的に修正項目にあがっていたわけではありませんが、ここかなぁと思っていた 辺りに修正が入っていたため、とりあえずスキンを戻してみました。 だめならまた外す可能性はあります。 新機能としては、TPS 視点の変更 海外のスタンダードなスマイルマーク表示機能を追加 アイコン作れば追加はできますが・・・ なんか微妙な機能ですね 先日よりテストでClotベースも1種追加しています。 対応マーク >:( :( :) :P :d
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ : ,

Killing Floor (特殊枠)

あまり体制に変更はないため、変化は乏しいですが特別枠の仕様変更を継続中です。 先週の動きを見て、V2系での問題点をいくつか緩和した V3 に移行 V2 特別枠(1グループ) + 追加間隔Spawn(3グループまで) の仕様に変更 大半を ini 設定に変更 V3 残敵少量、一定数超過でSpawn停止条件追加 生存者数で2回目の特別枠Spawnを決定するように厳格化 永パ防止キャラのテスト導入 現在は追加間隔1グループのみの設定で AlienDrone(AlienSwam) のみ出現 特別枠2回目は6人以上となっていますが、任意設定可能なため変更される可能性あり
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ : ,

Killing Floor サーバーの私物化について

時折見かけるレべリングによるサーバーの私物化についてです。 今回の報告に限らず私自身も何人か見かけており、警告してやめさせることもありますが 基本的にいうと、かなりの悪質行為のため即BAN対象です。 なるべくBANはしないようにしたいのですが、先月も複数回確認しているのでペナルティが ないとだめかもしれません。 とりあえず今回はユーザーデータを一度削除させていただきました。 今後の状況次第では即BANもありえますのでご注意ください。 Kick Vote は、Perk メニューの下部ボタン、もしくは直接ショートカットで起動できると
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:1
タグ : ,

Killing Floor (Pat 回転切り)

ハメ対策として作成された新技はどういうものなのか。 HardPat でも理論上動作するのだが、見たこともないのが現状である。 そこでコードで確認してみた。 発生条件は以下のとおり 近接攻撃を受けた場合に、3m 以内に 3 人以上存在 ただし次の場合は除く 1.既に発動済 2.前回の発動確認から1秒以内 1秒間隔の確認はまだしも、驚くべきことに 1 度しか発動しません。 しかも3人以上必須。 これは意味があるのか? ちなみに刀所持と斧、チェーンソーでは音声が変わります。 刀は忍者扱いです。外人はなぜか忍者大好きですね。
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:7
タグ : ,

Killing Floor (おさらい)

イベントが終わり、ある程度はスキン動作するようになりましたが、ためしに戻して みますと、稀に停止する模様です。 とりあえず現在ははずしています。 マップ公開も少なくなってきたため、クラッシュリカバリーを導入し、終了時に クラッシュするマップを巡回させるようにしました。 様子を見ている限り何とかなっているようです。 システムにエラーが吐かれているため、あまりうれしくはありませんが仕方なし といった感じでしょうか いくつかやりたいことはあるのですが、多忙で現在はちょっと気力がありません。 十数年ぶりにGが発生しているのも原因ではあるのですが・・・
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:1
タグ : ,