ようこそ TOKYO B Community へ ログイン | 登録 | ヘルプ

セルフレジ

食品スーパー、サミットのIT部門長が語る「導入して分かったセルフレジの威力」

セルフレジは普及していくのだろうか。
セルフレジはスーパーなどの清算でバーコード読取作業を客が自分で行うレジらしい。
現物は見たことがまだない。

セルフレジ自体は便利だと思うし、大量に並ぶレジに店員2人だけしかいないといった自体や
人件費問題でレジが閑散とした風景を見るよりはメリットがありそうだ。

ただ、やはり万引きなどはある程度避けられないのではないだろうか。
危険すぎないか? と正直思った。

一応、店員は監視したり、清算物とバーコード読取品の重量が一致しなければならなかったりするらしい。
それでも品物は10点までという制限からも予想されるように、やはり防ぎきれないのだろうと思う。

やはりバーコード無しで ICタグによるゲート抜け清算がいいのではなかろうか。
問題は ICタグの費用と、まだシステム的に安定していないところですかね?

今は過渡期ということでしょうか。
そのうち解消するのかな。

それにしても、一部の方の職場がまた減少するわけで・・・
この国本当に大丈夫?

公開 2007年7月9日 16:48 投稿者 ZARTH
タグ :

コメント

コメントはありません
この投稿に対する新規コメントはできません