ようこそ TOKYO B Community へ ログイン | 登録 | ヘルプ

かなり使えないことが判明したEMobile

いろいろ店員やサポートに聞いてみたのだが・・・・

結論としては、現時点ではカード型端末は、ほとんど利用価値がないという感じだ。

異論もいろいろあるだろうが、自分の使用用途では利用価値が全くない。

端末としては、CardBus型とCF型があるわけだが、これが曲者で利用できる環境が厳しい。
CardBus型は当然ドライバー必須となるのはわかるが、CF型もドライバー必須とのこと。
発表当初、CF型を店員に聞くと「CF型は速度が・・・」と渋そうにしていた。
ことからPIO転送で端末速度としては厳しいはないだろうか。
あくまで予想だが。

これらは、EMが速度にこだわった結果なのだろう。
CardBus採用ということからも、3Mbps超を狙って設計していたのは明白。

まぁ当然なのだが、個人的な一意見からすれば・・・

 3Mbpsで安定的に接続できることはあり得ない。
 384kbps~1Mbpsあたりで安定的に接続できるほうが価値がある。
 PDAなどはコアユーザーが多いため接続互換性を高めたほうが懸命。

といったところか

あと忘れてはいけないのが・・・
 PDA で3Mbpsを処理できる実行速度の端末はほぼ皆無
ということだw

今月中は、カード型が1円契約となっているが相当売れていないのではないか?
ノートPCを常に持ち歩いているヘビーユーザーの数は相当少ない。
最近は多くの企業がPC持ち込みも禁止されているので特に少ないだろう。
明らかに戦略ミスと思われる。

ドライバーサポートの対応OS拡大は予定にないらしく
シリアル互換のカード端末も予定なしとのことだ。

EM は使えないことが判明したので、他の企業へのプレッシャーとなる捨て駒としてだけがんばって欲しい。
とりあえず購入予定から除外し、ウィルコムとDoCoMoの対応を見てみようかと思います。



それにしても。。。。
でぃあする時間がなーい orz
公開 2007年3月29日 9:41 投稿者 ZARTH
タグ :

コメント

コメントはありません
この投稿に対する新規コメントはできません