ようこそ TOKYO B Community へ ログイン | 登録 | ヘルプ

3月 2006 - 投稿

ありがとう nifty-serve

「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について 国内最後の「パソコン通信」サービスが終了する これを感慨深く思う人も少なくないだろう わたし自身もその一人だ nifty にはお世話になったのは、働き始めて法人契約のIDを持っていたときだけだったりするが(^^;; パソコン通信は、学生時代に AIWA 2400bps ポケットモデムを友人から借りてはじめた 実質は 14400bps が普及し始める頃であったので、プロサイドから輸入品を調達 格安の輸入品とはいえ、3万近くしたのを覚えている このとき、店員の対応で、もめたのも忘れえない思い出だw
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:2

JX-250/JX-350 の INF ファイルがない

見事復活を果たした、わが家の「JX-350」 しかしデバイスマネージャーの「?」マークはやはりいただけない Web公開ドライバーには「SHARPJX.INF」が同梱されているものの これは Windows 9x ようなので 2000/XP では使えない 動作に問題はないが・・・・う~ん。。。 SHARP から提供されることはあり得ないわけで、なければ作るしかない 極論「?」マークでなければいいのだから、Image デバイスということが認識できればいいわけだ 9x 用 INF をみながらちょいちょいと修正してみた
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ :

VL-200VH 2台でマルチ

カッとなってやった 後悔はしていない(^ワ^;)
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0

JX-350 Upgrade

SHARP から CD-R が到着しました ・・・実際には電話した翌日にはきたので書くのが随分遅くなりましたスマソ 同梱されていたのは 挨拶状1枚、インストール説明書1枚、CD-R1枚 ファイルは1.3MB程度のものが1つだけ・・・(^-^;; シャープさん・・・やっぱりメールで送るかWebに掲載したほうが・・・w ファイル 名 :JX350W01.exe 属性 :アーカイブ サイズ :1,357,970 byte 作成日時 :2000.06.03. 8:46:14.000 内部バージョン情報
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ :

シャープのサポートは対応がしっかりしていた

うちにあるスキャナは「JX-350」 Windowsパッケージであるから、正式には「JX-350W」か もともと Windows 98 世代であるため、スキャナドライバーで難儀した いかんせん古い上、シャープも事実上スキャナ事業は撤退している この後継である「JX-370」を最後に消えていることを考えればドライバーの更新がないのも当然だろう スキャン時のエラーメッセージ 「イメージデータを転送するためのメモリが確保できません。 読み取り解像度または読み取り範囲の指定を小さくしてください。」 ぐぐってみると、メモリーを
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:1
タグ :

思えば遠くへきたもんだ~ ・・・ 旧車には厳しい世!

ボロボロの My CAR 錆も発生したのは先日書いたとおり いまも車検とともにドック入り中ですが・・・ とにかく部品がない!w 再塗装しようにもモールが全くないw 再生してもグラストップのモールあたりが逝っている可能性高い なのでモールがなければやめた方がいいとおっちゃんにもいわれたw 本当に乗るならディーラーに廃車が入ったら連絡してくれるということで示談w DA6/DA8 の YS1型ミッションも同様で、廃車入ったら取れるものを取って捨てるというw 部品がないのは、困りますねぇ キャリパーもないです
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0

Classic DOOM 1.0

Classic DOOM 1.0 いつのまにか 1.0 になってて正式リリースされてました DOOM3 も出てから結構立ちましたね でも去年は死ぬほど忙しかったので、一年間トリップしたような感覚です 一年経った気分が全くしていない orz MOD も Quake4 がすぐ出てしまったので、中途半端になってしまいました 続々と Quake4 に切り換わってます そんな DOOM3 にあって、きわめて完成度の高い Classic DOOM 完成版をみると・・・・ すげぇぇぇぇぇぇ!w オープニングデモまで作られている気合の入りようw
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:2
タグ :

Windows Vista CTP Build 5308

やや遅れたが、Windows Vista CTP Feb. Build 5308 を落として VS700 にインストールしてみた 以前試用したのはβ1なので、だいぶ Build があがっている 機能が全て載ったはずで、ある意味ようやくβに達した感じだ インストール中の画面をいくつか掲載しておく これが DVD ブートした画面 容量が 2.8GB にも達するため、DVD は必須だ ここでもアップグレードか新規か選べる 今回は領域を開放してしまっているので新規しか選べない ドライブ一覧が出るので、選択するとファイルをコピーし、インストールが始まる
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0

4倍速 USB-FDD

FDD-U02B は交換して動作はしましたが、交換品も調子が悪い・・・ ブートが稀にしか成功しません ドライブの駆動音も違うことから、再生部品は多種にわたっているのだろうことが予想されます 致し方なく別の USB-FDD に手を出しました 起動可を探していたので、いろいろ調べてももらいましたが・・・ 正式対応は少ないですねぇ 相性はかなりきついようです 悩んだ挙げ句、ACROS の 4倍速FDD(ASB-4FD)をダメもとで買いました これ再生品とソックリなんですよねぇ かなり不安でした 上から
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ :

USB FDD 死亡

VS700 に接続していた USB FDD( FDD-U02B ) が早くも週末に死亡。。。 寿命3日 ?w 安いとはいえ、あまりに短すぎる~ タイムリーの製品で、 再生PC の FDD なんですよねぇ やはり再生品であるため、当たり外れがw メーカー保証は6ヶ月です 症状としては 1.接続すると常に「ブー」と振動の異音がする 2.XP に接続してもメディアが読めない(フォーマットされていないと出る) 3.2000 に接続しても FDD と認識できず、ドライバーを要求される んー、USB ブリッジが逝きましたかね?
投稿日時 投稿者 ZARTH | コメント数:0
タグ :